2014年11月30日

熱田神宮

名古屋市熱田区にある神社、熱田神宮を訪れてみました。
DSC_3273.jpg

以下は、熱田神宮のホームページより引用させて頂きます。
熱田神宮の創祀は、三種の神器の一つ草薙神剣(くさなぎのみつるぎ)の御鎮座に始まります。第12代景行天皇の御代に、日本武尊(やまとたけるのみこと)は神剣を今の名古屋市緑区大高町火上山に留め置かれたまま三重県亀山市能褒野(のぼの)でなくなられました。尊のお妃である宮簀媛命(みやすひめのみこと)は、神剣をここ熱田の地にお祀りになられました。以来、伊勢の神宮につぐ格別に尊いお宮として篤い崇敬をあつめ、延喜式名神大社・勅祭社に列せられ国家鎮護の神宮として特別のお取り扱いを受ける一方、「熱田さま」「宮」と呼ばれ親しまれてきました。約6万坪の境内には、樹齢千年を越える大楠が緑陰を宿し、宝物館には信仰の歴史を物語るものとして、皇室を初め全国の崇敬者から寄せられた6千余点もの奉納品が収蔵展示されております。境内外には本宮・別宮外43社が祀られ、主な祭典・神事だけでも年間70余度、昔ながらの尊い手振りのまま今日に伝えられております。

時期的に七五三参りの方が多かったです。
DSC_3274.jpg


DSC_3275.jpg

ちょうど結婚式が行われておりました。
DSC_3277.jpg

参道の一画にモミジがありました。
色がこんなにも分かれているのを初めて見ました。
DSC_3286.jpg


DSC_3280.jpg


DSC_3284.jpg


最後にひつまぶしを食べて帰りました。初めてのひつまぶしでした。
DSC_3289.jpg

わさびとネギを入れると格段に爽やかな味へ変貌し、二度楽しむことができました。
でも、私はお茶漬け風にして食べるのはちょっと苦手でした…。
posted by 古閑んタッキー at 11:43| Comment(0) | 「他地域」の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月29日

名古屋城

名古屋に来たのに名古屋城を見ずには帰れません。

ということで、名古屋城へ行ってみました♪
DSC_3096.jpg


DSC_3097.jpg

入場料の500円を払って中へ。
DSC_3100.jpg

入ってすぐ左手に早速シャチホコのお出迎えです。
DSC_3103.jpg

お堀は城の全周ではなく、およそ半周程度となっておりました。
DSC_3094.jpg

優雅にカモが泳いでおりました。
DSC_3095.jpg

さっぱり何がどこにあるのかわかりませんので、地図でお勉強です。
DSC_3123.jpg

途中、小雨に遭いましたが、そのおかげかモミジをより色濃く見ることができました。
DSC_3091.jpg

ちょうどイチョウが散ってしまった直後のようでした。
DSC_3113.jpg
幹にしがみついている葉、なんとも味があります。

いよいよお城が見えてきました。
DSC_3112.jpg

立派ですね〜♪ 気分が高揚してきました。
DSC_3106.jpg

名古屋城の石垣も熊本城のように反った形状でした。
DSC_3111.jpg
私たち熊本県人には「武者返し」として浸透しておりますが、ここ名古屋では「忍び返し」と呼ぶそうです。

ほぼ真下から。
DSC_3128.jpg
避雷針が設置してあるのですね。
幾分雰囲気は崩れてしまいますが、これは保安上しょうがないでしょうね。

旅行の荷物になるからと、望遠レンズを家に置いてきたことを悔やみましたが、トリミングでなんとかここまで拡大できました。
DSC_3129.jpg


次はお城の中へ入ってみました。
いざ、天守閣へ。
DSC_3130.jpg


DSC_3133.jpg

展示物をゆっくり見て回りたかったのですが、時間がありませんでしたので、駆け足で。
DSC_3135.jpg


DSC_3136.jpg


DSC_3142.jpg


DSC_3148.jpg


DSC_3149.jpg


DSC_3150.jpg

これに跨って記念写真を撮りたかったのですが、どうしても恥ずかしくてできませんでした…。
DSC_3151.jpg

最上階へ到着。
DSC_3146.jpg

名古屋は都会ですね〜。
DSC_3144.jpg

名古屋城をたっぷり堪能しましたので、帰ることにしました。

滞在しておりますホテルが名古屋城のすぐ近くでしたので、お城を出てすぐ隣りの能楽堂と書かれた建物の横辺りを歩いて帰っておりましたら、ん? あれ?

何か見たことのある、と言いましょうか非常に馴染みのある烏帽子のような甲冑をまとった大きな銅像が…
DSC_3088.jpg

そう。築城の名手、加藤清正公の銅像でした。
DSC_3090.jpg
名のあるお城は全て清正公が関わっていますからね。

こうやって祀って頂いているのは嬉しいですね〜。熊本県民として、とても誇らしい気持ちになりました♪

最後は部屋からの名古屋城を。
DSC_3268.jpg


DSC_3269.jpg

いいですよね〜、かっこいい♪
posted by 古閑んタッキー at 13:04| Comment(0) | 「他地域」の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

2014年11月28日

香嵐渓

中部国際空港セントレアからレンタカーを借りて、一路「香嵐渓」を目指しました。
およそ1時間半くらいの道のりでした。

香嵐渓は、愛知県豊田市足助(あすけ)町にある渓谷です。
DSC_3022.jpg


DSC_3023.jpg

以下は、足助観光協会さんのホームページから引用させて頂きます。
香嵐渓のもみじは、香積寺十一世の三栄和尚が、寛永11年(1634年)に植えたのが始まりといわれている。三栄和尚は、美しい自然を、より美しくとの願いを込めて、巴川ぞいの参道から香積寺境内にかけて、楓・杉などを、般若心経一巻を誦すごとに、一本一本植えていったといわれています。また、飯盛山中にあるもみじは、大正のおわりから昭和のはじめにかけて、森林公園をつくるために、青年団・婦人会などの奉仕作業で植えられました。

DSC_3029.jpg


DSC_3027.jpg


DSC_3036.jpg


DSC_3077.jpg


DSC_3041.jpg


DSC_3050.jpg

これは山茶花(さざんか)でしょうか、綺麗でした。
DSC_3046.jpg

こんな紅葉みたことありません♪
DSC_3047.jpg


DSC_3041.jpg

かなり多くの観光客がいらっしゃいました。
DSC_3042.jpg


途中の小民家風なアトリエに、銅板でしょうか、ブリキでしょうか、とにかく何かの金属で作られたアート作品も展示されていました。
DSC_3051.jpg
絶妙なバランスで立っていました。凄いのひとこと。

DSC_3071.jpg


DSC_3070.jpg

屋根の上の苔がかなり分厚いです。
DSC_3055.jpg


DSC_3071.jpg


DSC_3084.jpg

最後にお腹が減ったので、五平餅を食べて帰りました。
DSC_3083.jpg
posted by 古閑んタッキー at 12:14| Comment(0) | 「他地域」の日記 | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする

広告


この広告は60日以上更新がないブログに表示がされております。

以下のいずれかの方法で非表示にすることが可能です。

・記事の投稿、編集をおこなう
・マイブログの【設定】 > 【広告設定】 より、「60日間更新が無い場合」 の 「広告を表示しない」にチェックを入れて保存する。


×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。